【男性向け】体験談

マッチングアプリで衝撃的なギャルと出会った体験談



衝撃ギャルと出会った体験談

出会い系アプリで

22歳ギャルとお泊りデート出来た体験談です。

顔も綺麗系でスタイルも抜群、

こんな美女とお泊りの約束が出来て最高だと思っていた私ですが、

 

ホテルでいざ行為へ移ろうとした時に衝撃の事件が起きました。

出会えたことまでは良かったのですが、

最悪の思い出として鮮明に記憶に残っています。

その衝撃の事件とは何かをお伝えしていきたいと思います。



◆ギャルと出会うまで

アプリでは写真がぼやけていて、

正直あまり期待をせずにやり取りをしていました。

 

どうせサクラじゃないのかという感じもしましたが、

意外とメッセージでのやり取りが続き、

1週間位他愛もない話を続けていました。

 

メッセージでの話題も尽きてきましたので、

一度食事に行きませんかと誘ってみると、

金曜日の夜であれば大丈夫とのこと。

私も土日が休みなので、

あわよくば持ち帰ろうと思ったので好都合でした。

 

ただよくよく詳細を決めようとすると、

なんとギャルが住んでいるのが栃木とのことでした。

さすがに夜から会うのに終電で帰るのはキツイという話でしたので、

じゃあもうホテル取ってあげるから

泊まって帰りなよと下心丸出しで誘ってみました。

返事はなんと即オッケー。

これはヤル気満々なギャルだなと思いつつ当日が物凄く楽しみになりました。

 

ギャルと出会ったのはここです。↓


◆お泊りデート当日

久しぶりにセックス確定のギャルとの約束に

私もテンションが高ぶっておりましたので、

ラブホテルではなく、シティホテルを予約しました。

 

先にホテルにチェックインを済ませ、

荷物を置いてから待ち合わせ場所へと向かいました。

 

待ち合わせ時間丁度に

ギャルから着いたと連絡がありました。

 

見ると凄いスタイルの良いギャルがすでに立っていました。

あの子で間違いないと声を掛けるとやっぱりそのギャルでした。

全身白のタイトワンピースに

黒のハイヒールで髪は金髪ショート。

身長は165㎝推定Dカップのスレンダーな美女でした。

まさに私のストライクゾーンど真ん中のギャルでした。

 

軽く挨拶を済ませて、ホテル下にある焼き肉店へ。

話している感じも少し田舎っぽい反応があり、

とてもいい子でした。

ただ彼氏はしばらくいないと言っていましたが、

色々な男性と関係を持っているとのことでした。

 

丁度東京に遊びに行きたいと思っていたので、

今回タイミングよく誘ってくれたから

泊まりをオッケーしたとのことでした。

男遊びが激しいと知ったので、

嬉しさは半減しましたが、

お酒も回っていたので、

そこまで気にせず2時間程でホテルへと移動しました。

 

ホテルへ到着してからも少し缶チューハイで飲みなおし、

徐々に距離を詰めながらキスへ持っていきました。

 

そこから始まりそうになりましたが、

シャワーへ移行し、一緒にシャワーを浴びました。

 

この時に気付けばよかったのですが、

ずっとキスをしていて後の衝撃事実に気付かなかったのです。

 



◆衝撃の事実発覚

シャワーから上がり、

そのままベットへ激しく絡みながら移動しました。

服を脱いで露わになった

綺麗な形の胸と乳首がたまりませんでした。

 

ギャルの胸をたっぷりと堪能しながら

ギャルの下を責めようとしたその時、

何かとてつもなく嫌な匂いがしました。

 

鼻に何か入ったのかなと思い、

一度中断して鼻をかみました。

 

普通に鼻水は出る、

何も匂いはしないやはり気のせいかと、

ベッドに戻り、

ギャルのあそこに近づくと鼻に衝撃が走り一気に酔いが冷めました。

 

ギャルのアソコがとてつもない匂いを発していたのです。

あまりの臭さに動きが停止したと思います。

 

それを見たギャルがどうしたの大丈夫?

と声を掛けてきました。

全然大丈夫じゃありませんと言いたいですが、

いや大丈夫と言うしかありません。

 

せっかくタイプのギャルとここまで来たのに、

やらないで終わる訳にはいかないという執念を燃やし、

顔はなるべくギャルのあそこから遠ざけ、

手で下を責めました。

 

キスをしながもうどうにでもなれと言わんばかりに高速で動かし、

あっという間にギャルは吹きました。

しかし、よく考えたらこの吹いたのも最悪でした。

 

ギャルのあそこから濡れた手を出すと、

もう意識が飛びそうになりました。

鼻に手を近づけているわけではないのに、

臭すぎて我慢できません。

 

私の息子は既に極寒の場所に居るかの如く縮こまっています。

さすがにこれでは続行不可能だと判断し、

ギャルにちょっと手が濡れちゃったから洗ってくるねと、

洗面所に向かうが、

向かう途中の部屋がすでに潮吹きで匂いが充満。

本気で気絶するかと思いました。

 

ようやくたどり着いた洗面所で

手を5回も石鹸で洗いましたが、

全く匂いが取れません。

 

今まで多少の臭い人は居ましたが、

もうレベルが違います(笑)

 

何か変な病気ではないかと段々怖くなってしまい、

ギャルに急用が出来たと伝え、

足早にホテルから飛び出しました。



結局私はギャルとのお泊りを満喫できずに帰りました。

それから3日くらい私の手についた匂いは取れませんでした。

 

匂いを言葉で表現するのは難しいのですが、

飲み終えた牛乳パックを1か月位あったかい場所で放置して、

そこに生魚を並べて腐らせて

公衆トイレの排水溝でぐちゃぐちゃに混ぜたような匂いでした。

 

とにかく臭すぎるの一言で表すと、

もうあれは兵器だと思います。

 

可愛いギャルに出会うことが出来ましたが、

男遊びをしているギャルには要注意です。

可愛いギャルのマン臭事件体験談でした。

 

可愛い女の子と遊びたい男性必見!

今おすすめのアプリとは?【男性版】



-【男性向け】体験談

© 2021 婚活・恋活・パパ活|男女の出会いを応援! Powered by AFFINGER5